〜愛おしい時間〜

b0090697_2085624.jpg

たぶん「愛しい」とは、こういう気持ちをいうのかもしれない。

なんだか・・すべてが いとしくて
それでいて、繊細で・・・

お花のけなげさや この空間に流れている空気 ひとりでは 心細く

多勢では 個々が強調される。

たぶん「愛しい」とは、こういう気持ちなんだ。

ひとりひとりの笑顔も おもてなしの心も 視線の先にある真剣さも

消えないでと祈るより、手放して 信じてみようとおもう。
[PR]
by chisato2006 | 2006-09-23 20:25 | 詩/エッセイ


<< 今年も この時期がきたんですね・・ 初個展「SYNCHRONICI... >>